FC2ブログ
■2011年11月

■どんぐり拾いと落ち葉で焼きイモ体験

11月27日(日)13時「どんぐり拾いと落ち葉で焼きイモ体験」を開催しました。参加料は500円です。
13時から15時半まで、2時間半のイベントなのですが、内容ぎっしりです。
どんぐりや紅葉についてのお話(吉野賢一先生)→焼きイモの準備→どんぐり拾い→紅葉狩り(紅葉・イチョウ・ブルーベリー)→紅葉を使ったしおりづくり→焼きイモ出来上がり(流れ解散)…という感じ。
焼きイモ準備中
11月にしては暖かい日差しの中、園内を移動しながらどんぐりを拾ったり、紅葉をとったり、大忙しです。
どんぐり拾い
どんぐりや様々な紅葉に秋を感じることができたのではないでしょうか?
紅葉狩り
しおり作りが終って、ちょっとお腹がすいてきた頃に焼きイモが出来上がりました!使用したサツマイモはもちろん公園産。「ベニアズマ」という品種です。お菓子やケーキとは違う、自然の甘さを堪能してもらいました。
焼きイモできたよ!
ご参加ありがとうございました!
スポンサーサイト



■別府大学夢米棚田プロジェクト 脱穀作業

11月23日(水・祝)別府大学夢米棚田プロジェクトチームの皆さんによる脱穀作業がありました。本当は20日(日)に行われる予定だったのですが、今日に延期になりました。お天気が心配でしたが、雨は上がり徐々に晴れてきました。ちなみに脱穀とは稲穂から籾(もみ)を取る作業の事。
雨もあがりました!
今回は昔ながらの農具「千歯扱き(せんばこき)」「足踏式脱穀機(あしぶみしきだっこくき)」、籾の選抜には「唐箕(とうみ)」を使用しました。

こちらが「千歯扱き」、とがった歯で稲穂を扱きます。江戸時代に発明されたそうですよ。
[広告] VPS


これは「足踏み式脱穀機」です。「千歯扱き」に比べると格段に作業能率が上がります。ただ、片足で立ち、もう片足でペダルを漕ぐのは見ているよりもずっと大変な作業です。
[広告] VPS


そしてこちらは「唐箕」、風の力を使って籾の選別をします。ゴミや中身の入っていない籾は風に飛ばされます。ハンドルをぐるぐる回せばいいだけ!と思われがちですが、一定速度で回さないと選別にムラが出るそう。気を遣う作業です。
[広告] VPS

一般のお客様も興味津々で作業を見守っていましたよ。

朝は寒く、午後からはお日さまは出ていたものの強い風が吹く中での作業となりました。長時間、本当にお疲れ様でした!

■リンゴの収穫体験

11月20日(日)10時「リンゴの収穫体験」を開催しました。参加料は500円です。
昨日同様「ふじ」の糖度を測ってみると、なんと18.5!そのリンゴをカットしてみると…蜜も入っていたんですよ♪
収穫!
見た目は産地のリンゴには勝てませんが、味は間違いなしです!ご参加ありがとうございました。

■リンゴの収穫体験

11月19日(土)10時から「リンゴの収穫体験」を開催しました。参加料は500円です。
まずこの画像を見てください!収穫前に現地で「ふじ」の糖度をはかってみたのですが、なんと17.6!すごい!
糖度17.6!!
甘みだけでなく程よい酸味もあり、歯ごたえもしゃくしゃく♪
収穫中
青森や長野などと比べると寒暖の差がないので、スーパーなどで売っているように真っ赤っかなリンゴにはならないのですが、味は負けてませんよー!

8月から始まったフルーツ(モモ・ブドウ・ナシ・リンゴ)の収穫体験は明日で終了です。
明日は定員までまだ余裕がありますので、是非大分農業文化公園0977-28-7111までお気軽にお問い合わせくださいね!

■ナシ(愛宕)の収穫体験

11月12日(土)10時「ナシの収穫体験」を開催しました。参加料は1,000円(2個)です。
大きいんです
品種は「愛宕(あたご)」。とてもサイズが大きい品種です。大きいものでは2キロを越えるものもあるそう!デパートでは和紙で包まれて、贈答用として販売されていますね。
重そうでしょ?
収穫体験ご参加の方には重さ当てクイズに挑戦していただきました。(当たった方にはもう一つ愛宕をプレゼント!)
愛宕の収穫は明日が最終日、定員まで空きがありますので、参加希望の方は大分農業文化公園 0977-28-7111 までお申し込みくださいね!

■大地の音~第6回九州オカリナフェスタ~

11月6日(日)10時「大地の音~第6回九州オカリナフェスタ~」を開催しました。入場無料(全席自由)です。
10時から14時半まで、全20組(個人)によるオカリナの豊かな音色が会場に響き渡りました。
大地の音~第6回九州オカリナフェスタ~
(当日のプログラムはこちらをご覧ください)
客席の皆様はもちろん、出演された方々も癒しの時を過ごしていただけたのではないでしょうか?
ご来場ありがとうございました。

■ソバの刈取り体験

11月3日(木・祝)10時「ソバの刈取り体験」を開催しました。参加料は500円です。
8月28日にまいた種はすくすくと育ち、2ヶ月と少しで収穫の時期を迎えました。早いですねー。
75%
中には青い実もありますが、全体の75~80%が色づいていれば収穫適期だそうです。
ソバは鎌を使って刈り取ります。参加者の皆さんは仕事が早かったですよー。最初予定していたエリア+αのソバを刈り、なんだかんだで軽トラック一杯になりました。
カマを使って刈取り
参加者の中で、自宅で植えている方もいらっしゃいました。
そのうちのお一人は「高嶺ルビー」という赤い花が咲くソバを植えたとのことで、お写真も見せていただきました。普通の白いソバの花ももちろんキレイですが、「高嶺ルビー」きれいでしたー。他県から写真を撮りに来た方もいたそうです。(是非検索してみてください!)
ソバの実
もうお一方ソバを植えている方は、なんとお家に石臼があるとのこと!すごい!
製粉所では量が少ないと碾いてくれないそうなのですが、石臼で碾く、なんともうらやましい限りです。

今日刈り取ったソバは乾燥させて製粉してから皆様にお渡しします。それまで楽しみにお待ちくださいね。ご参加ありがとうございました。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

いもっちゃま

Author:いもっちゃま
大分農業文化公園のいもっちゃまです。イベントレポートはボクにおまかせ!
【営業時間】
9:30~17:00
(3月~6月、10月~11月)
9:30~18:00(7月~9月)
10:00~16:00(12月~1月)
【休園日】
毎週火曜日・1月1日
※GW期間中、夏休み期
 間中は毎日営業

検索フォーム

QRコード

QRコード