FC2ブログ
■2012年08月

■モモの収穫体験

8月25日(土)、26日(日)「モモの収穫体験」を開催しました。参加料は500円(2個)です。
今年は雨が多く心配したのですが、甘くて大きなモモに仕上がりました。収穫の後パック詰めまで体験していただくのですが、4Lサイズのパックに入らず、フタが閉まらないこともしばしば…。
にっこり♪
今季のモモの収穫は今日で最後でした。多数のご参加ありがとうございました!
来週・再来週はナシの収穫です。お楽しみに♪
スポンサーサイト



■親子で竹のてっぽう作り教室

8月25日(土)13時「親子で竹のてっぽう作り教室」を開催しました。参加料は500円です。
ノコギリを使います
ゴムでっぽうなんですが、サイズが大きいのでバズーカ風です。
的に当たるかな?
「使ったことのない工具を使うことができて良い体験になった」
「親子で楽しく作ることができた」
「成功してとてもうれしかった」
「難しいかなと心配でしたが先生に教えてもらいながら子供と楽しく作ることができた」
「子ども一人でほぼ作ることができた」
御参加ありがとうございました!

■親子でイス作り教室

8月18日(土)13時「親子でイス作り教室」を開催しました。参加料は1,200円、講師は阿南和正先生です。
力をあわせて
お家にDIY好きの方がいればまた別ですが、釘と金づちを使う事ってなかなかないですよね。まっすぐ釘が打てたかな?
金づちで釘を打ちます
「思ってたよりうまくできた」
「大変立派なイスができあがり大満足です!!!」
「ずっと家で使える!役に立つ物っていうのが良い」
「楽しかったです」
「脚の形がかわいかったのでとても嬉しかったです」
お家に帰ってからニスを塗ったり、イラストを描いてもいいかも!夏休みが終わるまであと2週間、それぞれ工夫してみてくださいね。ご参加ありがとうございました!

■親子草木染め教室

8月12日(日)10時「親子草木染め教室」を開催しました。講師は木村加代子先生(染織かっこの工房)です。
参加料は染める物によって異なり、ハンカチは500円、ストールは1500円です。
1
今回の草木染めは「藍」の生の葉っぱを使います。
葉っぱをミキサーにかけて、ガーゼでこした液にハンカチやストールをつけると…
2
じゃーん!きれいなブルーに染まりました!
ちなみに、今回染めたハンカチ・ストールは絹なんですよ。
3
「とてもすてきな作品ができた」
「おもしろかった」
「きれいなハンカチができました」
ご参加ありがとうございました!

■親子こて絵教室

8月11日(土)13時「親子こて絵教室」を開催しました。参加料は1組1,000円です。
講師として、皆さんおなじみ、こて絵作家の江藤智子先生にお越しいただきました。
コルクボードに漆喰を重ねます
8/4にも同じ内容で行いましたが、こて絵は大分県が誇る伝統文化!それに挑戦ができる貴重なひとときです。
集中!
「紙粘土等はさわったことがあるけど、しっくいやこては初めてで楽しかった」
「普段子どもが接しない内容で大変良かったと思います」
「こてでしっくいをぬるのが楽しかったです」
「学校のせんせいにほめてもらえそうです」
「おかあさんといっしょにつくれてたのしかったです」
ご参加ありがとうございました!

■モモ、ブドウ(デラウェア)の収穫体験

8月11日(土)13時から「モモの収穫体験」、14時から「ブドウ(デラウェア)の収穫体験」を開催しました。
先週モモを紹介したので、今日は今季初のデラウェアの画像をアップしますね。
デラウェア
今年は、スタッフが「ゆるキャラ」ならぬ「ゆるふさ」で仕上げています。
デラウェアといえば実がびっしり隙間なく詰まっているイメージがありますが、これをゆるくすることで実が大きくなり、甘みが強くなるそうです。今年初めての試みです。

本当はパック詰めまで体験していただく予定だったのですが、1房1房が大きく、パックのフタが所定の場所に届かなかったため、断念(笑)。皆さん、房を選ぶのが本当にお上手でしたよ。ご参加ありがとうございました。

この「デラウェアの収穫体験」ですが、今のところ来週末8/18と8/19でしたらまだ定員まで空きがあります。参加希望の方はお早めに大分農業文化公園 0977-28-7111 までお申し込みくださいね。

■親子で竹のけん玉作り教室

8月5日(日)13時「親子で竹のけん玉作り教室」を開催しました。参加料は300円、講師として竹工芸家の広瀬慶子先生と君山和高先生にお越しいただきました。
ノコギリで竹を切ります
「竹のけん玉」と聞いて、皆さん最初はどんな物なんだろうと不思議に思ったかもしれません。玉の部分は竹の輪っか、持ち手は竹を少しだけ加工したものです。竹の優しい手触りが懐かしいおもちゃができあがります。
今日はおまけで「竹ぽっくり」も作りました。これも竹筒に紐をつけた簡単な作りの遊び道具です。

「夏の自由研究ができました」
「けん玉以外に竹ぽっくりも作れて良かったです」
「今までにしたことのない遊びだったので楽しかったです」
「ノコギリ初体験できて、子どもは楽しめたようです」
「低料金で子どもにも十分な指導をしていただき満足しています」

ご参加ありがとうございました。

■モモの収穫体験

8月5日(日)13時「モモの収穫体験」を開催しました。参加料は500円(2個です)。
葉っぱが太陽を遮るのでハウスの中は涼しい~
モモは枝にそって揺らすように収穫するのがポイントです。ねじってしまうとせっかくのモモが枝に食い込んで傷んでしまいます。
大きなモモがとれました♪
ずっしりと重い、大きなモモが収穫できました!お家で1~2時間冷やしてから召し上がってくださいね。
ご参加ありがとうございました。

話はかわりますが、収穫体験の受付場所には赤い「のぼり」を立てています。
のぼりが目印
モモやブドウの収穫体験参加のご予約をされた皆さん、果樹園の手前に立ててあるこの「のぼり」を目印にお越しくださいね♪

■親子こて絵教室

8月4日(土)13時「親子こて絵教室」を開催しました。参加料は1,000円、講師としてこて絵作家の江藤智子先生にお越しいただきました。
左端が江藤先生
「こて絵」とは漆喰(しっくい)を鏝(こて)で塗り重ねて半分立体的に描いた絵のこと。宇佐市安心院町や杵築市山香町に古いこて絵が残っています。コルクボードを壁に見立てて、大分県が誇るその伝統文化に親子で挑戦してもらいました。
色つけ中
昆虫や野菜、くだもの、キャラクターなど、あらかじめお家で考えてきた絵をしっくいで表現していきます。

「自分の決めたキャラクターをこてで色をぬったら思っていたよりうまくできたのでよかったです」
「先生が丁寧に教えてくださるので大変わかりやすかったです」
「親子で楽しむことができました」
「こて絵は初めてで、とてもめずらしいので、よい体験ができたと思います」

ご参加ありがとうございました!

8月11日(土)13時から、今日と同じ内容で「親子こて絵教室」を開催します。対象は小学生~中学生のお子様とその保護者の方。定員まであと残りわずかです!参加希望の方はお早めに大分農業文化公園 0977-78-0071 までお申し込みくださいね。

■モモの収穫体験

8月4日(土)13時「モモの収穫体験」を開催しました。参加料は500円(2個)です。ビニールハウスの中は葉っぱで影になっているので、外より涼しい~。そしてモモの良い香りに癒されます♪
モモのビニールハウス
今日収穫した品種「あかつき」は実の数が少なく、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

モモはとても傷みやすいデリケートなフルーツなので早めの消費がオススメです。食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やして召し上がってくださいね(冷蔵庫の中にずっといれっぱなしにしていると、舌が甘みよりも冷たさばかりを感じ取ってしまいます)。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

いもっちゃま

Author:いもっちゃま
大分農業文化公園のいもっちゃまです。イベントレポートはボクにおまかせ!
【営業時間】
9:30~17:00
(3月~6月、10月~11月)
9:30~18:00(7月~9月)
10:00~16:00(12月~1月)
【休園日】
毎週火曜日・1月1日
※GW期間中、夏休み期
 間中は毎日営業

検索フォーム

QRコード

QRコード