FC2ブログ

■きのうの料理講座は、秋を先取り!

きのうの料理講座は、秋を先取り!
「ふるさとの一汁三菜講座」 内容は“社日さまの献立”でした。
一汁三菜270904①
社日(しゃじつ)とは、春分と秋分にもっとも近い戊(つちのえ。ツチノコではありません)の日に行われる年2回のお祭りで、百姓のお祭りとして受け継がれています。春の社日には、五穀の種をまつって作物の豊作を願い、秋の社日には初穂を供えて収穫を祝います。社日のご馳走は、庭で飼っている鶏をつぶして鶏飯と煮ぐいを作り、魚の吸い物や尾頭付の魚の煮付け、野菜の煮しめ、酢の物などを添えたといわれています。鶏飯はご飯茶碗によそうのではなく、物相飯(もっそうめし)にしたそうです。物相飯をご存知ですか?これはご飯が2合入る四角い木の型にご飯を詰めて抜いたもの。2合というと結構な量ですが、ひとりひとりにこの物相飯が付き、その場で食べきるきまりがあったそうです。お祭りのご馳走として2合もの鶏飯を平等にお膳にのせる・・・いかにお米が貴重だったか、社日さまのお祭りを大切にしていたかがわかります。
講座では、この献立をアレンジして、鶏飯ではなく“吹き寄せおこわ”を物相飯にしました。海老や干し貝柱を入れたおこわを型で抜いて、上に錦糸卵、銀杏、人参の紅葉とイチョウを飾りました。さすがに2合のご飯を食べきるのは無理なので、型は押し寿司の型で代用し、包丁で切り分けて物相飯風に。

一汁三菜270904②
汁は鯛のお吸い物、主菜は鶏のつくね、副菜は里いもの衣かつぎと春雨の酢の物。デザートの葡萄のゼリーには、公園産のデラウェアをあしらいました。昔のお百姓さんに思いをはせ、秋を先取りした講座となりました。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

いもっちゃま

Author:いもっちゃま
大分農業文化公園のいもっちゃまです。イベントレポートはボクにおまかせ!
【営業時間】
9:30~17:00
(3月~6月、10月~11月)
9:30~18:00(7月~9月)
10:00~16:00(12月~1月)
【休園日】
毎週火曜日・1月1日
※GW期間中、夏休み期
 間中は毎日営業

検索フォーム

QRコード

QRコード